iphoneを遠隔操作する方法

iphoneを使っていると、遠隔操作をすることはできるのか、あるいはどうやるのかと一度は思うものです。
公式の遠隔操作の手順はこう、ホーム画面からユーザ名とiCloudを辿り、iphoneを探すをタップして、まずは設定を有効化する流れとなります。
iphoneを探す、それと最後の位置情報を送信をスライドさせて有効化すると、アカウントのサインイン画面が表示されます。
後はサインインに必要な情報を入力して完了すれば、何時でも同機能を使うことが可能です。
実際にiphoneを探す遠隔操作の手順はこう、パソコンからiCloudにアクセスを行い、予め設定したIDやパスワードでサインインして、iphoneを探すを選択します。
次に、全てのデバイスから目的のiphone端末を選ぶと、サウンドの再生や端末のロック、データ消去のいずれかが操作できるようになります。
サウンドは、身近な場所で端末を紛失した時に、音で探すのに便利な機能です。
サウンド再生を選ぶだけですから、簡単にこの機能を使うことができます。
端末のロックは、遠隔ロックや紛失モードと呼ばれていて、第三者に操作させたくなかったり、拾った人に届け出て欲しい場合に役立ちます。
ロック方法は、紛失モードを選んでパスコードを入力し、再度確認の為に同じパスコードを入力します。
連絡して欲しい電話番号を入力して、紛失した端末の画面に表示したいメッセージを入力したら、紛失モードの設定が完了です。
もし、誰の手にも端末内のデータを渡したくない場合は、iphoneの消去を選んでパスワードと電話番号、メッセージの入力を終えて完了を押せば消去が始まります。
iphoneに標準で搭載されている機能はこれらの3つですから、遠隔操作の手順はこうだと覚えておくと、万が一端末を紛失してしまっても安心です。
一方、実用的にiphoneを遠隔操作する機能やアプリは存在しないので、iphoneを探す以外の遠隔操作方法は事実上ありません。
これはセキュリティによる理由が大きく、安全性の保証が難しいことから公式に認められていないと考えられます。
ただし、端末に手を加えて制限を解放している端末なら、非公式のアプリを導入することで操作できるようになる可能性があります。
しかし公式は認めていませんし、法的には黒に近いグレーゾーンなので、遠隔操作の手順はこうと説明するのは不可能です。
安全にiphoneを使いたいのであれば、遠隔操作が紛失時に限定されている理由を理解して、iphoneを探す機能に留めておくのが良いでしょう。
iphone修理 京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です