iphoneが圏外から戻らない理由

iphoneは皆が愛用する、最も有名なスマートフォンです。既に国民的なスマートフォンとなりました。パソコンを使わずに、iphoneでネット検索をしたり、SNSを利用したり、各種アプリを活用する人々が増えてきました。iphoneが一台あるだけで生活はとても豊かになります。他のスマートフォンよりも、ユーザビリティーが良く、デジタル機器に初めて触れる主婦や高齢者の方々でも安心安全です。

スマートフォンはパソコン並の作業が出来るコンパクトなデジタル機器ですが、元々は携帯電話です。SNSやEメールで連絡を取る事が流行っていますが、家族やクライアントに、迅速に連絡を取りたい時は音声通話が役立ちます。iphoneは音声通話の品質も良く、いつでもどこでも快適な会話が出来ます。各種キャリアによって、電波の強さや通じる場所に微妙に違いは見られますが、最近では日本列島の津々浦々で、快適な会話が出来るので安心安全でしょう。

ただし、郊外の地域ではキャリアのアンテナが十分に電波をカバー出来ていません。自然豊かな山々が広がる田舎の地域まで旅行に出かけた時などは、iphoneが一時的に圏外になります。まだまだ地域によってはアンテナが十分な量、設置されておらず、圏外表示になりますと、音声通話が出来ません。

再びキャリアの電波が届く場所にまで移動すれば、自然とiphoneの方が圏外から普通の状態へ戻ります。自動的に電波をキャッチするため、基本的にはユーザー側で何か作業をする必要はありませんが、時々明らかに電波が良さそうな場所まで戻ってきたにも関わらず、iphoneが依然として圏外表示のまま、という場合があります。

そんな時の圏外から復旧手順はこれです。iphoneの設定画面を開き、機内モードをわざとオンにしてみます。これは本来、飛行機に乗る際に設定するモードですが、電波環境が変になった時にも重宝します。

わざと機内モードに設定し、その後、少し時間を置いてから再び設定を解除します。するとiphoneが再び周辺の電波を自動的にリサーチし、オートで接続し直します。その結果、ユーザーは特に難しい作業をせずに、電波の不具合を改善出来ます。周辺に本当にキャリアの電波塔がなければ、改善は難しいですが、圏外の地域から高速で移動すると、都心部に戻ってきた時などは圏外表示が戻らず、困った事になりますので、こういった復旧手順を踏んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です