iphoneのデータが復元できない

iphoneを復元できないときは、いくつかの原因が考えられます。予想される原因に対して、次に紹介する対処法を試みると良いでしょう。たとえばiTunesをしばらく更新していない場合は、最新版にしてみてください。復元のためのバックアップをiTunesで行っているなら、この対処によって解決することがあります。iphoneとのバージョンが適合していないことが原因で復元できないことがあるからです。また逆にiphoneのOSが古くて適合しないケースも考えられます。どちらが古いのか判断できない場合は、とりあえず両方を更新するのも一つの手です。更新が済んだらもう一度復元を試すのですが、その前に設定にミスがないのかチェックしましょう。念のために、iphoneとiTunesを両方とも再起動してから接続したほうが良いです。
アンチウィルスのソフトを見直すことで改善するケースもあります。保護機能によって、復元のためのデータ処理が阻害されている可能性があるからです。パソコンに常駐させているソフトをいったんオフにしてみましょう。その間にウィルスに感染しないように、無駄な通信は行わないように注意してください。その他に復元のためのパスワードが分からないことが原因であるケースもあります。このパスワードはiphoneのログインパスワードなどとは異なります。パスワードを設定した記憶がないかもしれませんが、バックアップするときに暗号化した場合は設定しているはずです。基本的には最初に設定したあとに変更する機会はないので、数年たって忘れてしまった人も多いと考えられます。パスワードを忘れた場合は問い合わせても教えてもらえません。どうしても分からないならリセットして工場出荷時に戻すことになるでしょう。
原因が不明であるなら、エラーメッセージを詳しく調べることも大切です。 バックアップしたデータが損傷しているなら復元は非常に難しいといえます。また水没させて本体が起動しなくなった場合も同様です。起動できなくてもパソコンとつなげば、途中までは処理を進められることもあります。しかし復元が無事に完了する可能性は高くありません。そのような場合は修理店に持っていくのが、復元できる希望のある唯一の方法になります。このようにiphoneを復元できない場合は、いろいろなケースがあることを知っておきましょう。そのうえで適切な方法を選んで実施することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です