乗馬クラブで楽しむ際に気を付けておきたいこと

近年のストレス社会と呼ばれて久しい中で、動物と触れ合うことによってストレスを軽減するという事が注目されています。
動物と触れ合うことで、動物園などに行って観察するよりも織り高いストレス軽減効果を得られるという事もあり、
休日にはそうした施設に行くという人も増加傾向にあります。
その中の1つに乗馬クラブがあります。乗馬クラブは馬とのふれあいによるストレス軽減効果はもちろん、
体を使いますのでスポーツとしても楽しめますし、趣味としても人気が高いです。
馬産地の北海道はもちろんのこと、今では全国各地に乗馬クラブがあり、休日を利用してそうしたクラブに出かける人も多いようです。
乗馬クラブで乗ることの出来るサラブレッドには中央競馬などで活躍していた馬がいる場合もあり、
現役のころ好きだったという理由でそうした馬に乗れることを楽しみにしている人もいるようです。
そのような評判を聞いて、乗馬は初めてだけど趣味の1つにしたい、馬に癒されたいなどとお考えの人に注意してほしいこともあります。
まず、馬は非常に憶病な動物であるという事です。
馬は、自分の真後ろ以外の350度の視界があります。
しかし馬は極度の近眼であるため、その視界全てがぼやけて見えています。
従って突然視界の中に見知らぬ人が入ってくると驚いて暴れたりすることがあるので、
馬に近づく際にはゆっくりと近づくようにしましょう。
次に馬の真後ろに立たないようにするといった点です。
馬の後ろで蹴り上げる力は凄まじく、鉄のヘルメットを簡単に割ってしまうほどの力があります。
馬のプロである競馬の調教師や厩務員の方でも蹴られてしまうことがあるため、初めての人は細心の注意を払わなければなりません。
他には馬は人をきちんと見ているという点です。
必要以上に怖がっていたり、横柄な態度をとっているとそれが馬にも伝わり怖がったりしていると馬も不安になったり、見下されたりします。
そうしたことが無いように話しかけたりしながら、馬とのコミュニケーションを取るようにしましょう。
乗馬用品はジョセス本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です